正しいカードローンの知識!

カードローンを安全に利用するためには、カードローン返済に関して正しい知識を身につけておかなければなりません。
これ以外にも金融機関や貸金業法、総量規制や仲介手数料との関連性、無利息はお得かなど考えておくといいでしょう。
クレジットカード会社はキャッシングができますが、カードローンはちがいます。

 

資金調達に関する基礎知識などは利用する前に確認しておきましょう。
カードローンにもいろいろなサービス提供会社があり、各社ともニーズも高まっています。
金利は種類にとりかわりますし、各社によってサービスの仕方や金利が異なりますので、そうした点を前もってチェックしておく必要があります。

 

例えば、消費者金融のカードローンを利用する場合はどうでしょうか?
消費者金融は利便性がよくて利用しやすいのがメリットですが、融資に対して利便性が良すぎて借り過ぎてしまうことや、金利が高いことなどデメリットもあります。
したがって消費者金融のを利用するときは、前もってメリットとデメリットを把握しておかなければなりません。
安全に利用するためにどうすればいいかについては、銀行も消費者金融も同じです。

 

銀行カードローンとは?

銀行では住宅や車、学費などの他に使用目的を制限しない融資を個人向けに展開しています。
銀行が行っている貸付のことを指します。
使用用途も自由であり、保証人や担保も不要なものが多く用意されています。

 

メリット

  • 総量規制対象外
  • 総量規制の対象外なので、審査次第では年収の1/3を超える借入も可能です。
    専業主婦なども借りることができます。

    専業主婦のカードローン利用についてはこちらのサイトに詳しい説明があります。
    ⇒【専業主婦カードローンセレクト】家族に内緒!主婦の安心銀行借入
    http://xn--lcki9a1cc5sf2cwec6643f9r4a8me930d.com/

  • 低金利
  • 消費者金融に比べて金利が安く設定されています。

 

デメリット

  • 無利息サービスの実施数の少なさ
  • 消費者金融に比べて無利息期間などのサービスがあるものは少なくなっています。

 

消費者金融とは?

個人向けの貸付をしている金融業者のことをいい、貸金業にあたるので総量規制の対象です。
営業には各財務局もしくは都道府県への届出が必要なので、利用する消費者金融が登録されているか否かで信用できるか調べることもできます。

 

メリット

  • 様々なサービス展開
  • 無利息期間の設定などのサービスを行っている業者が多くあります。

 

デメリット

  • 金利が高め
  • 銀行カードローンに比べると金利は少し高めに設定されています。

  • 総量規制の対象で借入ができない場合がある
  • 専業主婦など収入がない人は借入できません。
    また、年収の1/3を超える借入はできません。

 

毎月の返済と利息

まず慎重に計画を立てて、それをシミュレーションする必要があります。
返済カードローンシミュレーションで考えるのは借入金額、金利、返済方法、完済予定日などです。
一つ一つのステップで前もって計画を立てておけば返済に困ることがないので、必ずシミュレーションしておくようにしましょう。
借入れ額は、自分の希望額があっても、今の自分の収入や年収、生活に合うものにしなければなりません。
そうしないと、仮に審査に通ったとしても返済が苦しくなる可能性があるからです。

 

また、金利の計算はできるだけ細かく計算して確認しておきましょう。
金利の計算は「利息=借入れ額×実質年率÷365日×利用した日数」となっていますが、これに自分が利用する場合の数字を当てはめて、どんな借金になるかを確認しておきます。
さて、それより前に、まず審査に通らなければ利用ができませんので、審査のことも考える必要があります。
どんな会社であっても、この人なら融資しても大丈夫と判断するための審査を行います。
それは主に収入や信用力をチェックしますが、それ以外の項目をチェックすることもあります。
この審査で信用できないと判断されれば利用ができないので、審査に通れるようにしておかなければなりません。
利用者に利用限度額も申し込みを受けた金融機関などが行う審査で決まります。